エフエム東京の番組取材から感想

金子みすゞ
高校生の頃は島根県益田市に下宿していたのですが、夏休みになると、山陰線のディーゼル電車に乗って何回も青海島にキャンプに来ていました。
キャンプ場の最寄駅が仙崎駅なのですが、今は無人駅で、当時の面影はありません。
無人の駅構内の壁には仙崎の名産品「かまぼこ」の板に書かれた数多くの人の優しい言葉が溢れており、人の気持ちであふれかえっていました。
ふと天井の方に目をやるとツバメの巣に雛が親の帰りを待っているのが見つけられました。しばらくすると親が餌を運んで口移ししています。

燕の巣

仙崎駅燕の巣

昔、私が高校生の頃にはどこの家の軒にも燕の巣はあったのですが、最近は減ったな〜と思うと同時に、仙崎に人は減っても自然はいっぱいあると感じました。
例えば歩いている水辺にイカが泳いでいたり、イカを狙った少し大きめの魚がいたり。

アオリイカ

アオリイカ