毛利藩時代から約300年にわたり受け継がれている和船競漕「おしくらごう」が6月4日開催されます。その練習が行われるというので本番撮影に向けてドローンの練習も兼ねてロケハンに行ってきました。
「萩の和船大競漕実行委員会事務局」に立ち会ってもらい競漕の詳細を聞きながらドローンを飛ばしてみました。
まだ選手の皆さんは魯で漕ぐ和船に慣れおらずスピードもあまり出ていないとのことでしたが、
どれくらいのスピードで船が向かってくるのか判りません。
ドローンのスピードには多分劣ると思っていますが、安全を期してあまり低空や接近撮影はやめておいたほうが良いのかと思っています。